【体験談】債務整理したらクレジットカードは使えなくなるよ【悲報】

   にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

クレジットカード

借金が溜まりに溜まって毎月の返済が苦しくなり、債務整理をした。

債務整理をするとアコムやオリックスといった消費者ローンや東京スター銀行といったローンを組めなくなるのはもちろん、クレジットカードも使えなくなるんだよね。

自分はクレジットカードが使えなくなった代わりに、デビットカードを二枚作ったよ。

債務整理をするとクレジットカードは使えなくなる

クレジットカードにリボ払いや未払いの金額が残っている場合は、クレジットカード分の残高も債務整理の対象に。

「クレジットカードはもう使えなくなる」と、債務整理会社から説明を受けた。

クレジットカードが使えなくなるのは不便?

スマホ代金の支払いやAmazonでの買い物などなど、クレジットカードがなくなると正直不便極まりない。

これまで、ありとあらゆるものをクレジットカードで購入していたので。

とはいえ、債務整理をしたことによって、返済の利息がつかなくなったので、その分気持ち的にはだいぶすっきりしたが。。

使えなくなったクレジットカードはハサミで切り落とした

法律事務所からの指示

債務整理した会社から、「債務整理の対象に含まれるクレジットカードは、ハサミで切り落として使えないようにしてください」と指示があった。

もうクレジットカードを使う気力もなかったので、そそくさとクレジットカードにハサミを通した。

そういえば、借金を作った原因はこのクレジットカードにもあったなぁと。

クレジットカードでキャッシングをした思い出がよみがえる

主な原因は、パチンコとスロットなのだけど、資金が厳しいときは、最寄りのATMでキャッシングするためによく使っていた。

キャッシングした金で、またパチンコ屋に行くというおバカ極まりない行動を何回もした。本当にアホとしかいいようがない。

そんなことを思い出しながらクレジットカード一つ一つにハサミを通した。合計で四枚。とても悲しい気持ちになった。

クレジットカードが使えないならばデビットカードを作ろう

クレジットカードが使えない場合の対処法として、デビットカードを使うという方法がある。

デビットカードは、Amazonの決済方法でも使えるし、場合によっては、スマホ代の決済手段にも使うことができる。

ただし、つかえない場所もあるので注意。もちろんATMでキャッシングする機能もない。

デビットカードとは?

クレジットカードと同じようにVisaやMaster(マスタカード)の銘柄があり、基本的にクレジットカード会社から発行されているカード。

クレジットカードは、基本的に翌月に請求または、銀行から引き落とされる。

一方で、デビットカードは、銀行から決済した瞬間に引き落としされる仕組み。

逆にいえば、銀行に十分な預金がない場合は決済できない。常に預金が十分にあるか確認しておく必要がある。

デビットカードのメリット

自分が思ったデビットカードのメリットはこんな感じ。

  • デビットカードはクレカのような審査がない
  • クレカのみ(現金や口座振替はダメ)でしか支払方法がない場合にデビットカードが使える
  • 預金分しか決済できないのでお金の管理能力がつく

あとは今日本全国でおこなわれている、「キャッシュレス還元事業」にもデビットカードカードは対象になるよ。

一つずつみていくよ。

クレジットカードのような発行審査がない

発行を希望すれば全員がデビットカードを発行してもらうことができるよ。審査がないからね。

クレジットカードのように一時的にクレジットカード会社が立て替える必要がないからね。仕組み上、銀行口座からすぐに引き落とされるだけだから。

クレカのみ(現金や口座振替はダメ)でしか支払方法がない場合にデビットカードが使える

なにをいっているかわからないかもしれないけれど、たとえばLINEモバイルのような格安SIM会社は、現金や銀行口座引き落としの決済方法を受け付けておらず、クレカにしか対応してないよ。

ドコモやソフトバンクといった大手通信キャリアであれば、口座振替にも対応しているけど、格安SIM会社は基本的にクレカしか対応してない。

LINEモバイルも、実は、デビットカードで支払いできるわけではないよ。

だけど、抜け道がある。

LINEペイというLINEの一つのサービスをデビットカードで登録して、LINEモバイルの決済方法をLINEペイで支払ってるわけ。

預金分しか決済できないのでお金の管理能力がつく

クレジットカードを持っているときは、預金残高を超えるような買い物もしてたけど、もうそれはできない。

何度もいうけれど、デビットカードは仕組み上、銀行口座からすぐに引き落とされるだけだから。

なので、今持っているお金だけで日々を生き抜いていく必要がある。

クレカで高額商品を購入できないのではつらいけど、まぁ仕方ない。

債務整理をしてクレジットカードがなくなってもまぁなんとかなる

メリットもあげてみたんだけど、クレジットカードがなくなったことによるデメリットはそんなない。

しいて言うのであれば、デビットカードは、海外旅行傷害保険が付帯する特典がついていないことくらいかな。(加入当時は、付帯していなかったけれど、のちに付帯された)

というわけで、クレジットカードを持っているときは、「クレジットカードがない生活なんて考えられない!」と思っていたけど、実際にそうなってみたらなんとかなった。

借金を持っている人は自律が弱いと思うので、クレジットカードからデビットカードの生活になれば精神もだいぶ鍛えられる。

やっぱりクレカで簡単に気軽にローンを組むような生活はよろしくない。

なにを隠そう私自身も債務整理をおこなった一人。
 

借金の返済に追われていると「せめて毎月の支払いが減らせたらなぁ」と1日に1回くらいは考えてしまいますよね。
 
債務整理を行えば月々の返済は圧倒的に楽になります。
 
債務整理と聞くと非常に敷居が高く、わざわざ直接弁護士に相談しに行くとなると相当な勇気が必要で、躊躇してしまいますよね……。
 
でも、スマホでポチポチっと簡単な質問に4つ答えるだけで、債務整理の疑問に司法書士または弁護士が答えてくれます!

 

\借金減額無料診断ツール!/

/質問はたったの4つだけ!\

 
クレジットカード デビットカード 債務整理
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼
借金450万円を背負った私が債務整理して借金返済しながら完済を目指すブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました